バクの流域スタンプラリー

バクの流域スタンプラリー
鶴見川流域スタンプラリーの旅に出かけましょう

スタンプラリーで鶴見川流域を楽しく学ぼう!(2013年度のようす)スタンプラリーで鶴見川流域を楽しく学ぼう!
 鶴見川の源流は町田市の北部。そこから多摩丘陵・下末吉台地を流れくだり横浜市鶴見区生麦で東京湾に注ぎます。本流全長はマラソンコースとほぼ同じ42.5km。流域は、面積235k㎡、横浜、川崎、町田、一部稲城市に広がり、既にその85%が市街地化され、195万人の流域市民が暮らしています。
  「流域」とは、雨水が川に集まる大地の広がりの事。バクの流域スタンプラリーは、バクの形をした流域で、治水、水質、自然環境保全、地震防災などの課題を楽しく学びながら流域再生を目ざす、鶴見川流域水マスタープランの応援団を育てます。
 さあ、皆さんも流域スタンプラリーの旅に出かけましょう。


バクの流域スタンプラリー 開催期間

4月29日(土・祝)~10月31日(火)まで開催
※開催期間は変更となる場合があります。2017年は4月29日(土・祝)~10月31日(火)まで

 

バクの流域スタンプラリー 流域拠点マップ


2017年のシートはこちら


バクの流域スタンプラリー 参加方法

バクの流域スタンプラリーはどなたでも自由に参加できます。鶴見川流域の市民活動の場や治水・水循環施設、環境学習施設などの各拠点をめぐりながら、鶴見川について楽しく学び、スタンプを押してもらいましょう。児童の夏休み自由研究にもおすすめです。
2個以上スタンプを押してもらったら、地域防災施設 鶴見川流域センターへ。スタンプの数にあわせて参加賞をプレゼントいたします。

まずは「スタンプラリーシート」を手に入れよう!

スタンプラリーシートをゲット!スタンプラリーに参加するには、なにはともあれスタンプを押してもらう「スタンプラリーシート」が必須!スタンプラリーシートは、スタンプラリーの開催期間中、鶴見川流域の各拠点や、鶴見川流域センターで配布しています。団体等でまとまった数をご希望の場合は、npoTRネット事務局までお問合せください。

拠点を訪ねてスタンプを押してもらおう!

スタンプラリーのスタンプ例スタンプラリーシートを手に入れたら、シートに記載されている鶴見川流域の各拠点を訪ね、見学や体験を通して鶴見川について学び、スタンプを押してもらいましょう。スタンプの数が増えるごとに、鶴見川流域をもっと知るようになっているはずです。

 

スタンプを2個押してもらったら鶴見川流域センターへ!

1~25の拠点で2つのスタンプ(1カ所10ポイント 計20ポイント)を押すごとに流域センターへ!参加賞をもらえます。地域防災施設 鶴見川流域センターは、展示やビデオ・図書資料も充実、鶴見川流域の治水から自然・歴史・市民活動までしっかり学べる総合学習施設です。
ぜひスタンプを押して、流域センターに来てくださいね!

スタンプを2個押してもらったら鶴見川流域センターへ!

バクの流域スタンプラリー 参加賞交換期限

開催期間の2018年3月31日まで
※参加賞交換期限は変更となる場合があります。

ご注意

  • お子様は保護者の方と同行ください。
  • 諸事情により休館または中止、日程、時間等の変更の場合がありますのでご確認のうえご訪問ください。
  • 市民活動拠点は建物のような施設はありません。雨天の場合は基本的に中止です。スタンプラリーの表示のある場所でお声をおかけください。
  • 夏季は気象により(暑さ・雷等)変更になる場合があります。必ず事前にご連絡ください。

運営体制

主催

NPO法人 鶴見川流域ネットワーキング
連携鶴見川流域ネットワーキング

共催

鶴見川流域水協議会
地域防災施設 鶴見川流域センター


「バクの流域スタンプラリー」事業は、
「鶴見川・バクの流域水キャンペーン」に参加しています。
「ふれあって流域鶴見川」に参加しています。

 

Comments are closed.